シャッター商店街での業務に転職

地元の商店街がドンドン元気を失っていく現状にガマンが出来なくなってきたワタシ。 これまで商店街を盛り上げてきてくれたオジサンやオバサンたちには今後も末永く商店街で働いて欲しいのです。 そこでワタシは寂しくなってきたシャッター商店街を盛り上げる為の転職を決意しました。

そのまんま東さんじゃないですが(どげんかせんといかん)という気持ちが強くなってしまったワタシ。 まず転職に向けて始めたのは500円玉をコツコツ貯金していくことでした。 いくら情熱に満ち溢れていたって、資本金がなければ転職は叶いません。 だからこそ、ワタシはまず資本金を貯金する活動からスタートさせたのです。

正直、かなり気が遠くなる作業でした。 何度も何度も心は折れてしまいそうになりましたが、その度にワタシのモチベーションを高めてくれたのは商店街で頑張るオジサンやオバサンの存在だったのです。 この温かい人達のためなら転職に向けて頑張るしかないと強く感じたワタシ。 ただ、ひとりだけワタシが頑張ってみたとしても多分シャッター商店街は何も変わらないような気がします。

ワタシの転職をきっかけに、シャッター商店街のオジサンやオバサンが刺激を貰ってくれないと、完全に昔ながらの商店街は大型ショッピングモールやスーパーマーケット、そしてコンビニエンスストアに敗北してしまうに違いありません。 みんな長い歴史を重ねてきた商店街を愛している気持ちは変わらないと思いますし、地元の人達だって出来ることなら商店街の人達から買い物をしてあげたいという気持ちがあるはずです。 しかし、どうしても商店街で頑張っているオジサンやオバサンは早い時間にお店を閉めてしまいますので、なかなか若者をターゲットにした商売は難しいのが現状です。 ワタシの転職をきっかけに、そういった課題にもテコ入れを図っていこうとは考えています!

セールスエンジニアの転職の志望動機

Copyright (C) 2007-2014 [アプリ開発の仕事に転職]. All Rights Reserved.